わらをもつかむ思い

コドモのミカタサプリ(コドミン)を教えてもらったとき、これで少しでもいいから落ち着いてくれればと、憔悴しきった私は、わらをもつかむ思いでした。自分にとって初めての子どもで男の子です。子どもはこれぐらいは元気があって良いと思っていました。それが主人の実家に帰省したときに舅と姑が主人の姉の子どもと比べて「ぜんぜん躾がなっていない。」「癇癪もちの子どもだ。」「主人が小さい頃は、こんなにうるさくなかった、嫁の家系に似たのだろう。」と主人の家に滞在中にずっと言われ続けました。その滞在を境に育児ノイローゼになってしまい、育児サークルにも参加できなくなってしまいました。また息子がちょっとでも騒ぐと舅と姑の顔が浮かんできて息子をガミガミ怒るようになってしまいました。息子は、どんどん落ち着きをなくして、もう私は、どうしたらよいか判らなくなりました。

私が大変なことになっていると思ったママ友が訪ねてきてくれました。私が思い悩んでいることを全て聞いてくれて、落ち着きがないのでサプリを飲ませるっていうのはどう?とコドモのミカタサプリ(コドミン)を持ってきてくれました。ママ友もサークルで先輩ママ友に「落ち着きの無いお子さんね。」と言われ悩みこれを試したそうです。これが効くからまずは、あなたが元気になってと励まされました。コドミンを飲むようになって気がついたら息子をガミガミ怒る回数が減ったように思えました。私も落ち着いてきたときにコドミンを教えてくれたママ友が、「息子ちゃんが落ち着いてきたね。あなたの笑顔も増えたし」と声を掛けて貰いました。あのときコドミンを教えてもらえなかったら私は、もっとひどい母親になっていたでしょう。良いママ友とコドミンの出会いに感謝です。