色んな障害があるんだな。。。

障害には種類がたくさんあります。自閉症と多動性障害を同じに思われている方も多いのではないでしょうか?似たような障害もありますが多動性障害はとにかくじっと座ることや人の話を聞くことが苦手です。最近は発達障害の種類の中にも多動性障害がグレーゾーンと言われる方も沢山いらっしゃいますね。私はガイドヘルパーをしていますので多動性障害のお子さんをたくさん見てきました。多動性障害でもみんなが同じ行動をするわけでもなく多種多様に一人ひとり行動の仕方は異なります。多動性障害の子はじっとすることが苦手ですので授業や静の活動が苦手な子が多くて動きたくて仕方なくなります。ですので45分授業などずっと座っていられるお子さんがとても少なかった思い出があります。

多動性障害のお子様は特に目が離せないお子様が多いかもしれません。落ち着きもないですし、本当に小さなころは信号などの交通ルールも守るのが難しいお子様もたくさんいらっしゃいますね。ですので最低でも小学生頃までのお子様は親と手を繋ぐルールや決まり事を都度事細かく教えていく必要があります。特に信号待ちをしていたらそこに鳥が止まったから信号の赤であることを忘れてしまったりも多々あるように思います。多動性障害だからしかたがない!と思うのではなくてこんな人と違った個性があるけど、その子のペースで一つ一つ教えて行こうと考えられる方が良いと私は思います。人よりも少し育児が長いだけのことで決して悪いことではありません。時間をかけて教えることで将来困らない生活が待っている場合もありますよ。
最近では多動性障害に効く、コドモのミカタサプリ【コドミン】というサプリメントも月倍されているようです。
一度試してみてはどうでしょうか。