気休め程度でしたが…

僕は若年僧の人間ですが、学生時代から常に頻尿に悩まされていました。夜中に何度かトイレに行く日も多かったのは勿論、遠足や宿泊学習の移動などには常に気を遣っていました。授業中も頻尿によって集中力を削がれたことも多々ありました。どうにかしないかと思い、夜のトイレを減らすサプリを買ったことをよく覚えています。

最初の頃は効き目はあまり実感できませんでしたが、飲んでいくうちに、少なくとも夜間にトイレのことについて悩まされるのは以前に比べて減少したので、少しばかり精神的に楽になったのは助かりました。夜間の頻尿は睡眠が削られること以外にも、トイレについて心配することが増えることへの精神的不安の蓄積が一番辛いことです。ですので、最初は気休めでもいいので夜間の頻尿対策は考えた方がいいと思います。

僕個人の頻尿に対する意見としては、頻尿は他人に相談しにくいことが恐らく一番苦しいことだと思います。特に10代、20代と若年僧の方々にとっては同世代に話せないことが煩わしく、葛藤にもなり得ると個人的な経験からそう思います。僕も周りにそういう悩みを持った人が少数なことがかえって、話しにくくなることもありました。

ですので、やはり僕としては勇気を出して、最初は気休め、面白半分でも良いので試してみることが一番大切と思います。最初のうちは効果は実感できないとは思いますが、継続することによって安心感が次第に芽生えてくることがあります。僕自身そうでした。恥ずかしくても構いません、勇気を出して何か改善策を考えることが大切です。第一歩が大切だから